読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤフオク落札商品のオモチャが壊れていた場合の対処 子供にと、ヤフオクでオモチ

ヤフオク落札商品のオモチャが壊れていた場合の対処 子供にと、ヤフオクでオモチャを落札しました。 日本語と英語の切り替えが出来るオモチャなのですが、切り替えても日本語がしゃべりません。 取引は終了しており、3日後の事です。 評価もし終わった後ですが‥。 遊んでみたらそんな状態でした。 最初に確認すれば良かったのです。 この場合、もうどうしようもないのでしょうか?

はじめまして だめもとで問い合わせてみてはどうでしょうか ご自分からの希望。要望を言わず 敏速な対応、発送ありがとうございました 本日(確認した日にち)子供と遊んびました ところが出品時の説明がない不具合がありました 日本語でしゃべりません 説明にない不具合でもノークレームで対応いただけないのでしょうか お手数ですがご連絡お願いいたします など下にでて問い合わせてみてはどうでしょう あとは出品者しだいだと思います 連絡なければ 取引自体は問題なかったようなので評価でどちらでもないで 連絡したままの文章載せて連絡いただけませんので評価変えさせていただきます で終わりにするなど ご参考に

散弾銃(実銃)モスバーグM9200シンセティック(12G自動銃)がある銃砲店から新品で10万円を切る価格で販売されていましたがこの銃は他でもまだ販売されているのでしょうか? また、ベレッタやブローニン グの自動銃と同じように24g等の軽い散弾でも装填にミスがない銃でしょうか? 新品で価格が安いので魅力的なため所持許可を受けた新米猟師としては現在の銃が調子が悪いため廃銃にして買い換えたいのでこの銃についてご教授願います。

その10万云々という値段についてはわかりませんが モスバーグというのは評価としては二流のメーカーです。 レミントンやブローニング,ベレッタなどに比べるといささか安い価格帯です。 アメリカでの販売価格、卸価格がそのまま日本にスライドされるわけではありませんが、日本での販売業者も安く仕入れられますから、格安で販売する事もありうるでしょう。 二流メーカーのゆえんなんですが、特に名銃を輩出したとか新機構を開発したという実績がないこと 他のメーカーの実績がある銃をそれとなくトレースして製品にしている事 そしてなによりモスバーグ自身が、価格的に他のメーカーの下をくぐる路線に徹しているということがあります。 それで、いわゆる出来なんですがメーカーが二流の位置付けでも出来自体は悪く

はありません。 むろん仕上げなど多少、劣るところがありますが性能上、実用上の支障はありません。 結局のところ銃砲なんてものは、現在の工業技術、工作機械の性能を考えればごく簡単なものですし、 パキスタンやフィリピンの手作りの銃ならともかく、ちゃんとした工場でそれなりの工作機械を導入している、また技術的にも他のメーカーの実績あるものをトレースしていれば悪いものが出来ようもありません。 まぁいわばTVでCMをやっているジェネリック薬品みたいなものです。 ですから貴殿がよほどブランドにこだわるとか、価格が高いものをよしとする性格でなければなんた気にする必要はありません。 ただ日本人ではけっこう気にする人が多い、また日本では銃の許可が面倒ですから、どうせ持つなら名前の知れたブラン

ドと考える人が多いようです(レミントンとかベレッタ、ブローニングなど) と言っても、日本でも安かろう(悪かろうでは困りますが、モスバーグは悪くはない)という需要はあるでしょうから 銃砲店が価格設定を抑えているのかもしれません。 24g装弾についてですが、回転しないと思います。 昔、周りでモスバーグを使っている人がいました。 調子は悪くないようでしたが、24gについては聞き漏らしました。 ただしモスバーグはガスオートしては、レミントン同様(というか機構的にはレミントンのトレース)ガスを圧力の高い地点(銃身の)で取り出し、ガスの勢いで遊底を後退させる機構です。 この機構の特徴は部品点数が少なく製造が容易なのですが、装弾のガス圧の変化に対する柔軟性に劣ります(ベレッタなのど��

�ス室にガスを導入していわばガスの量で遊底を後退させるタイプにくらべ) レミントンタイプの機構で24gを回転するように作ってしまうと、猟用の重装弾、3インチマグナムなどを撃った場合、多少の危険(不快な思いをする程度ですが)が生じます。 ですから24gが回転するようには、メーカーが作らないでしょう。 散弾の場合、24gから43g、3インチでは56gまでと重量、ガス圧(薬勢)の幅が広いですから、すべてで円滑に安全に回転する銃を作るのは、難しい事です。 最近、いくつかの新機種で、24gからOKとうたっていますが、個人的には疑問に思います。 ですから射撃をしたい場合は、割高になりますが28gや32gを使う方が無難です。 他の回答者も書いている通り、法律的には射撃場が許可を受けた号数しか使えません��

�、グラム数は関係ありません。 多くの射撃場では、スキート=9号または7.5号まで トラップは7.5号までです。 まれにトラップは4号程度まで撃てる射撃場があります。 射撃場の入り口にかならず掲示してありますから、興味があれば確認してください (法律で掲示しなければならない)